遠隔監視の方法

監視カメラの遠隔監視システムの構築にはネットワークカメラを使用するものと、ネットワーク対応のDVR(デジタル録画機)を使用する方法があります。ネットワークカメラとは、カメラ1台ずつにIPアドレスを持ちインターネットを介して使用できる監視カメラ・防犯カメラ・セキュリティカメラのことで、インターネットが接続できる環境であればいつでもどこででもカメラの映像がリアルタイムに遠隔操作で見ることができます

パソコンさらに利用する人のパソコンやスマートフォン、タブレット端末を使用する事で、手軽に低コストで遠隔監視システムを構築することができます。ネットワーク対応の防犯カメラ(AHD,HD-SDI)の録画機は、ほとんどの機種がネットワーク接続できますので、インターネットを介してのリアルタイム映像や記録されている過去の映像も見ることができます。しかしネットワークカメラに比べ必要となる周辺機器が多く初期費用が高くなることと、アナログカメラを使用するのでネットワークカメラのようにズームやチルト・パンなどを遠隔で操作することや、顔認識機能や性別や年齢分析、動線分析などの複雑な機能が使用できません。

またその反対にネットワークカメラでは、万が一接続など、ネットワーク上でトラブルが起こると録画できない可能性があります。反対に、デジタル録画機ではカメラ設置側に録画機があるのでネットワークトラブルに遭っても録画に影響がでることはないなど、どちらにもメリット・デメリットが存在します。

遠隔監視の魅力